【ウソペディアへようこそ!】2018年04月21日-土曜日

アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、http版を閲覧するか、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「失礼、噛みました」「阿蘇公国」「佐野研二郎」「大阪のおばちゃん」「カモネギ
気になる事があったら案内所へお願いします!
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


こたつ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
移動先: 案内検索

こたつ(炬燵)とは、日本のヒトが冬季に住処として用いる殻のことである。おおむね何重かの毛布に熱源がくるまれており、暖房としての機能を持っている。

概要[編集]

日本では冬は偏西風の影響を受けるため、強風もしくは雨雪を伴う冷え込んだ気候になることが多い。その地域に住まうヒトは、そのような寒冷から逃れるために、冬の間は住処となる殻を作ってこもったのである。ヒトはその殻をこたつと呼び、現代においてもその殻を用いることがある。こたつは主に地面を掘る掘りごたつと上に骨組みを立てた置きごたつの2種類の殻が一般的である。

特徴[編集]

殻の大きな特徴は雨風が凌げる場所にあることがほとんどである。またヒトの生活の中心的な場所に置かれていることも多く、食事を殻の中で行うことも少なくない。一方でその殻から抜け出さなくなるヒトもおり、そのようなヒトをこたつむりと呼ぶ。

歴史[編集]

古くは室町時代から、囲炉裏を中心としたコンパクトな住居をモデルに作られるようになったといわれる。その際、ヒトは「天井まで櫓を立ててそこから布団を下ろす」方式、そして「床を掘り床の高さにあわせて布団を引く」方式が考えられた。これがのちに2種類の殻に系統分離したと考えられる。江戸時代からは、野外での活動が活発になったヒトのために火鉢が考案された。しかし、住居にこもる目的としては相変わらずこたつの殻を利用した。そしてこの時の火鉢はのちのストーブとなり、ここでかの有名な暖房分離が行われたことは、当時の史料にも多く記されている。

明治以降はヒトが使用するようになった石炭の利用が活発になった。そのため、住居の中心にあった移動の難しい掘りごたつから、手軽な設置を謳う置きごたつに全体のシェアが奪われることになった。この変化は当時多くの人が戸惑った[要出典]。戦後はヒトが電気を盛んに使用するようになり、電気で電熱線を熱する電気式こたつが主流となった。そのためますます置きごたつはシェアを拡大、掘りごたつは特殊な構造としてあまりお目にかかれなくなった。だが現代はエアコンという住居全体を保温する機器の発明により、その数を減らしつつある。

効能[編集]

こたつの殻の中は常に暖かく保たれている。現代のものであると暖かさの調節も可能であり、老若男女の身体を暖める役割を十分に果たしている。暖かくなると動物は活動が活発になるという性質か、ヒトはこたつの中で行動を起こすことも珍しくない。

関連項目[編集]

この記事「 こたつ 」は、
第一回藍色執筆コンテスト一位入賞 してしまいました。

この事実にウソペディアン一同 瓢箪 驚嘆しています。
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「こたつ」の項目を執筆しています。
Uncyclopedia logo.png
アンサイクロペディアでユーモア研究生の暇人達が、「こたつ」の項目を執筆しています。


ご意見を共有しましょう