【ウソペディアへようこそ!】2018年02月18日-日曜日

アカウント作成 - ログイン


コレもオススメです!見ませんか?!→ 「改行できる奴」「神成飛行場」「Twitter」「日本国(架空国)」「テレビ朝日
気になる事があったら案内所へお願いします!
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


荒らし接近に伴ってIPユーザーの編集がストップされています。予めご了承ください。

ウソニュース:東大と慶応のグループが、蛍を使った3Dディスプレイの基幹技術を開発

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
移動先: 案内検索
Workstation Computer.png
ウソニュース:東大と慶応のグループが、蛍を使った3Dディスプレイの基幹技術を開発』はコンピュータに関した書きかけのデータです。このページをエディットし、リビジョンしてくれる方を求めています。 → ポータル:コンピュータ

東大と慶応のグループが、蛍を使った3Dディスプレイの基幹技術を開発

【UNN 平成30年1月10日】

どう見ても火垂る。

東京大学慶應義塾大学などの研究チームがホタル(英:Luciola、ルシオラ)を捕まえて、電磁波で衰弱させて任意行動パターンの通りに制御する技術を確立したことが平成30年1月9日に判明した。

同研究チームによると、電磁波を用いてホタルを制御する技術であり、3Dテレビで用いるフレームシーケンシャル方式や、ニンテンドー3DSで用いている視差バリア方式といった、視差を用いた擬似3D表現とはことなり、実際に中空で光源を浮遊させる点で一線を画すという。

さらに、この光源はホタルを用いる為実際に触れることに特徴があり、今後の3Dディスプレイの基幹技術として、また接触感のフィードバックが可能な仮想現実の実現にも期待されている。

しかし道義上、このような技術に生物であるホタルを使うことは問題にならないのであろうか。現在の技術では一匹のホタルを制御するだけであるが、将来的に成虫のホタルを何百匹も、何百万匹も捕獲する必要があろう。成虫のホタルを捕まえて光源にすることなど、唱歌のなかや戦後の悲惨さを描いた物語のなかだけで充分なのではないだろうか。

関連事項[編集]


このニュースはフェイク・ニュースであると、顔をオレンジに染めることで忙しい大統領の弟によってツイートされています。以下の通り引用します。
Trump EO.png
「このニュースは、永遠にフェイク・ニュース・メディアとしてのUNNの悪名を世間に知らしめ続けることだろう。悲しいことだ!--Donkey Jackass Tr**p (トーク/投稿記録) 2018年2月19日(月) 05:05 (JST)
Usonews logo new.png


ご意見を共有しましょう