【ウソペディアへようこそ!】2018年06月20日-水曜日

くさタイプとは?他サイトにはないユーモラスな説明はこちらから!
アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、http版を閲覧するか、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「新都社」「武蔵野線」「パンパカパンツ」「しなもん」「GMO
気になる事があったら案内所へお願いします!
当サイトをご利用の際にはプライバシー・ポリシーを必ずお読みください。
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


ウソニュース:速報、舛添要一2億円を中韓露へ融通

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
移動先: 案内検索
舛添要一.jpg

舛添要一氏が東京都知事の役職を利用して、中国韓国ロシアへ実に計8回、累積で1億9千万円あまりの巨額資金を、旅費経費として送金させていた問題が明らかになった。この支出は巧妙に政治活動の中の海外出張費として捻出されており、物議を醸している。以前米グーグルにて、舛添要一氏が中国との高い関連がみられることを伝えている[参照]が、その中国の主導のもと中国と関わりのある韓国やロシアとの仲を取り持つための都合つけや資金提供であったと見られている。また、同様に英国へも更に6千万円強の支出もしていたと見られており、実質は2億5千万円強を融通したとも考えられている。

これらの支出のからくり自体は簡単であり、ありとあらゆる経費を水増して記載するというもの。この支出の証書には全てにおいて極端な金額が記録されており、例えば中国人通訳の相場はベテランでも凡そ日当3万円前後(日本の流通価格で考えれば12万円程度)であるが、その10倍の日当30万円(実質日当120万円)を支払ったと記載されているという具合だ。

今回明るみに出た問題は「明らかに不適切な支出だが、適正な政治活動の虚を巧妙に突いたもの」であり、これ以上の追求は不可能であろうと思われる。このような大技を使いこなせる器こそ、彼「舛添要一という男の、人の表れ」ではないだろうか。

Usonews.pngこの記事はウソニュースだと主張されています。

でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません。

それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?
 

関連事項[編集]

関連ニュース[編集]

舛添要一.jpg
ウソニュース:速報、舛添要一2億円を中韓露へ融通』は舛添要一氏関連のニュースや記事です。このページを編集しても構いませんが、誹謗中傷のみを記述してはなりません。他記事はこちら→ Category:舛添要一


ご意見を共有しましょう