【ウソペディアへようこそ!】2018年07月19日-木曜日

マジとは?他サイトにはないユーモラスな説明はこちらから!
アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「Sockpuppet of an unregistered user」「のび太国 (アンサイクロペディア)」「バイト数の壁 (アンサイクロペディア)」「パンパカパンツ」「マルセル・デュシャン
気になる事があったら案内所へお願いします!
当サイトをご利用の際にはプライバシー・ポリシーを必ずお読みください。
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


ガールズ&パンツァー

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
移動先: 案内検索

女子が戦車でやって来る

女子が戦車でやって来る(じょし-たんく-く-)とは2013年に作成された映画。

概要[編集]

山田洋次監督映画『馬鹿が戦車でやって来る』を下敷きにし、現代風にアレンジした戦車コメディ作品。シナリオの繋がりはないが、サブが戦車で村内を暴れまわるシーンを基にした戦車爆走シーンなど様々な形で元作品のオマージュを散りばめている。

制作[編集]

茨城県大洗町をモチーフにした架空の街(作中では「空母上に造られた人工都市」となっている)を舞台としており、ロケも大洗で行われている。作中で破壊された店舗も実在するものである。

登場する戦車は『馬鹿が戦車でやって来る』とは異なり、実在の戦車をレストア/リペアして使用している。戦車内でのシーンも社内に小型カメラを置いて撮影されており、撮影用モックアップは作成されていない。また道路交通の許可が間に合わなかった車両もあり、一般道のシーンでは全車両集結のシーンが存在しない。

評価[編集]

大洗市のPR映画としては『大洗にも星はふるなり』に次ぐヒット作品となり、市内観光の振興に大きく貢献した。その後スピンオフ映画が作成され、更に2017年に『女子が戦車でやって来る 完結編』の作成が発表された。



ご意見を共有しましょう