【ウソペディアへようこそ!】2018年04月27日-金曜日

アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、http版を閲覧するか、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。
  • 第二回藍色執筆コンテストが4/27から開催されます。登録すれば、執筆者としてエントリーできますので、この機会に新規利用者登録することをオススメします!

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「東海道本線」「ウソペディア (カワウソ)」「モクロークソコラグランプリ」「サポーター (サッカー)」「ルードヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン
気になる事があったら案内所へお願いします!
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


デデンネ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
移動先: 案内検索
「デデカス臭いエモ〜」
デデンネ について、エモンガ
「デデドン!(迫真)」
デデンネ について、COAT
「デデーン!うんこ!」
デデンネ について、メガバンギラス@カードキー

デデンネとは、よく作画崩壊する鼠みたいなヤマネの一種だと言われているナニカである。間違ってもピカチュウと言ってはいけない。ライチュウというのは絶対に禁物である。可愛くもない[要出典]のに、なぜかフェアリータイプが付いているが気にしてはいけない。

一般的なデデンネ。え?ライチュお察し下さい

概要[編集]

デデンネは、フランスとその周辺に居住するヤマネの一種であり、多少の電気を発生させることができる。体色や体型から、某オレンジのデブネズミに酷似しているので、何回も、前述した某デブ鼠の変態前というデマが回っているが実際全く関係ない。また、種類的にはイタリアのテグーという珍獣にも尻尾の形や体型が似ているので、近いとも言われる。通称デデ、デデカス、ddksと呼ばれる。平均体長0.1282051282051282051282Hyde・重さ0.579493922689189mWdeであり、案外チビである。

よく盗電を行うポケモンであり、デデンネの生息地であるカロス地方においては害獣として悪名高く、退治されており、特にカロス電力の社員からは嫌われている。近年はミアレシティにおいてデデンネとの共生社会構築を目指す動きがあるが、一部の愛好家を除いてデデンネに好感を持てないというミアレ市民が多く、あまり進展していない。

素早さは101と電気袋では割とエリート気味だが、ライバルのエモンガには惜しくも負けている。特殊が高い癖にムーンフォースはおろか看板技であるマジカル社員も覚えない為、寧ろフェアリータイプではなくそれを覚える電気タイプではないかという説があったり、無能の刻印を押されたりしており、ガブリアスと対戦するとよく地震で死亡する。

なお、アニメにおいては絵が描きにくいのか、しょっちゅう作画崩壊や突然変異しており、全て数えると156回である。

また、デデンネの名称の由来には鳴き声説(鳴き声「デェデェーンネ」から来ている)、ブナデンキノズミ説など様々な説があるが、実際はどうか不明。

有名な作画崩壊

他番組への出演[編集]

デデンネは、作画崩壊が原因で大量にネタ化されており、フランスとポケモンに何の関係もない番組にも度々出演している。例として心霊番組に登場したり、ニュース番組でカメラに張り付いたり、更には、紀行番組においてDHMOを摂取する姿が撮影されたりと登場機会は様々である。

虐待[編集]

デデンネは、その容姿がうざったい所から、世界一虐待されるポケモンとしてギネス世界記録に登録されている。更に、デデンネ虐待に対しては、何処の国の警察も取り締まっていない為、虐待されまくりが現状である。なお、あの超罪悪人共として有名な、ユアペディアンのストレス解消グッズとなっている。

今後への課題[編集]

近年、デデンネの駆除作業が財政難を齎しているとして、デデンネに対する対応の見直しが迫られることとなった。2005年、フランス・カロス地方の自治組織はデデンネの駆除作業がカロスの財政を圧迫しているとして各自治体に対しデデンネ駆除作業の見直しを命令、そんな中2011年にミアレシティがデデンネの害獣指定を解除するという画期的な挑みが行われた。この害獣指定解除にあたってミアレシティは市民向けに「デデンネは害獣だと思うか」というアンケートを実施し、その結果95%の市民がデデンネは害獣だと思うと回答した。そしてなぜ害獣だと思うかという理由においては最も多かったのは「盗電を働く」というものだった。やはり、デデンネが行う盗電への嫌悪感は今も市民の間に根強く残っているとのことだ。ミアレシティはこれに対し「元来デデンネは雷などが木に落ちた際にそこから電気を吸収する習性を持っており、町に電気が整備されて以降はその習性に基づいて楽な盗電の方へやり方が変わっていっただけだとし、保護し森林や原野などの郊外に放つなどして適切に扱えば何も害獣にもならない」と釈明しており、市民への一早いデデンネ理解への協力を呼びかけているとのことだ。

デデンネに関する学説[編集]

デデンネには、様々な学説が存在するが、誰も気にしない

デデンネデブ説[編集]

デデンネはその容姿からデブではないかという説がある。この説は多くのポケモン学者から肯定的に、捉えられており支持率は割と高い。

それではこの説を検証する。

検証[編集]

まず、デデンネのBMIを計算する。BMIの計算方法は体重(kg)÷身長の2乗(m)であるデデンネは高さ20cm重さ2.2kgなので、2.2÷0.2の2乗となる。これを計算すると、デデンネのBMIは55となる。

しかし、これではデデンネがデブであるかという事が分からないので、他の電気袋のBMI値を求めて並べる。但し、ピカチュウの幼体であるピチューは除く。何故なら成体と幼体では同じ計算方法が使えないし、それと同時に比較にならないからである。

(BMI値が高い順)

  • デデンネ 55
  • ライチュウ 46.875
  • ピカチュウ 37.5
  • エモンガ 31.25
  • プラマイ 26.25
  • パチリス 24.375

結果はこうなった。なんとデデンネが、あのライチュウを超えており、電気袋の中で最も高いBMI値を出した。しかし、ポケモンが人間とは別生物である以上これらは完全に合致をさせることは不可能であるが、肥満度自体の順はそれなりに使えるので、詰まりはデデンネが最もデブなのである。

この事からデデンネデブ説はかなり信憑性が高い。

デデンネうんこ説[編集]

某ポケ廃の収容所にてデデンネはうんこであるという奇妙な学説が展開されている。この学説の提唱者はポケモン廃人兼研究者のメガバンギラスカードキー氏であり、2014年6月6日12時12分12秒に「デデーン!うんこ!」という題でこの学説について述べた論文が発表された。

一応、うんこ説の証明は論文及び廃人による議論で数々の証拠が出されているが、どれもお察し下さいなもので信憑性は検閲により削除である。

なお、アンサイクロペディアのデデンネの記事は、当初この説を肯定し、デデンネを「ポケモンになりがっているうんこ」だとしたが、検閲により削除により、お察し下さいされた。

結局デデンネが何なのかは誰も気にしない

関連項目[編集]

Uncyclopedia logo.png
アンサイクロペディアでユーモア研究生の暇人達が、「デデンネ」の項目を執筆しています。
ユアペディアロゴ.jpg
ユーモア欠落症患者の犯罪者の為に荒らされまくって気がおかしくなってしまったユアペディアン達も「デデンネ」の項目を執筆していますが、一行記事或いは壊れた記事なので見る価値はありません。
エセチュウ・電気袋仲間

外部リンク[編集]

 

この項目『デデンネ』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ




ご意見を共有しましょう