【ウソペディアへようこそ!】2018年08月15日-水曜日

アカウント作成とは?他サイトにはないユーモラスな説明はこちらから!
アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。
  • Mirahezeに正式に移転しました。それに伴い、登録利用者でも、利用者ページ・利用者トークページ以外の全てのページで、編集は制限されております(伝言板も閉鎖しました)。本人確認以外の活動は、原則向こうで行ってください。
  • 新規アカウント作成、及びIP利用者による編集も全面的に停止しました。今後はMirahezeの新サイトをご活用ください。

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「ちんこ」「アンサイクロペディア日本語版の歴史」「カラカラ鉄道」「レーズン」「人生
気になる事があったら案内所へお願いします!
当サイトをご利用の際にはプライバシー・ポリシーを必ずお読みください。
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


パンパカパンツ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
移動先: 案内検索
秀逸な記事
この記事は秀逸な記事だと、他でもない、先編集権を有する初版投稿者、ただ一人によってガチで強く主張されています。それでもなお、より素晴らしい記事にできるなら、先編集権を行使されないような加筆を、是非してみてください。お願いしましたよ。

パンパカパンツとは、静岡放送とDLEが共同制作した電子ドラッグパンツ普及アニメである。

概要[編集]

時を巡り2008年、静岡放送は幾つかの新商品を開発し、6本のショートアニメを公開した。パンパカパンツはその中の一つであり地味な存在であった。

しかし、予想外の事に放送後すぐに小学生を中心に大ヒットした。この反響のせいで静岡放送は社畜を使用して何とか続編を制作する事になった。当初大人は「小学生とかの子供ってさ、本当下品なの好きだよね」といった感じに呆れていたが、徐々に新作が発表されると大人も見るようになったという。

現在、小学生を中心に大幅に大ヒットしており、静岡のみならず日本全体でヒットする結果となった。

元ネタ[編集]

パンパカパンツの元ネタはわ静岡放送が様々な所に電子ドラッグパンツを売り込んだ時、豚が異常なまでに興奮したのを見て、販売員がこれはいいと確信し、DLEに制作を依頼、そうして出来上がった物である。

 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。
注意: このページは169日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。


ご意見を共有しましょう