【ウソペディアへようこそ!】2018年06月20日-水曜日

先編集主義とは?他サイトにはないユーモラスな説明はこちらから!
アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、http版を閲覧するか、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「矢印」「年問題の一覧」「トレインサーフィン」「蛍光ペン」「チャージマン研!
気になる事があったら案内所へお願いします!
当サイトをご利用の際にはプライバシー・ポリシーを必ずお読みください。
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


ピーマン

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
移動先: 案内検索

ピーマンとは、子供たちに緑色へのトラウマを植え付けて野菜嫌いにして、を食べさせる目的で人工的に生み出された生物兵器

ピーマンへの恐怖は人類の深層心理を蝕んでおり、太古より、宮崎ピーマン・グリーンザウルスピーマンの肉詰めの怪物など、数々の伝説上のピーマンモンスターが語られている。

概要[編集]

ピーマンは、明らかに食べられそうにないテカテカの表面の下に、噛むとジャキジャキとした嫌な歯触りの皮を持っている。その中心には薄っぺらい種子が多数存在し、実を割った際に台所のあちらこちらに散らばって調理意欲を削ぐ。これらの皮や実は見るからに食べられそうにないが、実際に食べられない。

ピーマンの唯一の可食部分である果肉部分は空洞状態で、人類には認識できない亜空間が広がっている。すなわち、21世紀初頭の人類の科学技術ではピーマンを美味しく食することは不可能であり、最先端の研究組織ですら今後数百年はピーマンの調理は不可能と実質さじを投げている状況である。

しかし世の中にはピーマンを美味しく調理する方法なるものが存在するとのうわさが絶えない。これらの調理法のうち99%はでっち上げである事が判明しているが、中には実際にピーマンをおいしく頂ける料理としか考えられないものも実在している。これらの料理は、未来人宇宙人によってもたらされたオーパーツではないかと考えられている。



ご意見を共有しましょう