【ウソペディアへようこそ!】2018年02月18日-日曜日

アカウント作成 - ログイン


コレもオススメです!見ませんか?!→ 「タピオカパン」「日本変態教会」「ギネス世界記録」「カルロス・ゴーン」「英語
気になる事があったら案内所へお願いします!
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


荒らし接近に伴ってIPユーザーの編集がストップされています。予めご了承ください。

ンゴ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
移動先: 案内検索

ンゴとは、プロ野球選手のドミンゴ・グスマンが自らの身体に火をまとっている状態を指す言葉。また、他の野球選手が同じく火をまとっているときの言葉。

概要[編集]

プロ野球選手、楽天に所属していたドミンゴ・グスマンは、他の選手とは違う特別なものをまとっていた。リリーフとして登板する彼は、瞬く間に自らの身体に火をまとい、彼のチームを敗北させる。この能力に対しネット上では彼の名前を連呼するとともにその功績を称えた。これがンゴの語源となったドミンゴの伝説である。

そして、この「火をまとう能力」はドミンゴに限らないものであると発覚した。同じチームの小倉恒も同じく身体に火をまとい、チームをみごとに敗北に導いた。この彼の功績を人々は「オグンゴ」と呼称した。これにより、野球の投手とりわけ中継ぎの選手が火をまとうことをンゴと呼ぶようになった。

亜種[編集]

この言葉の亜種として、突然放たれる不思議な球を使い敗北の功績挙げた藤川球児をンゴのように○川○児と表すことがある。これも中継ぎに対し呼称する言葉だが、こちらは投球によって功績を挙げた際に用いられるため、使用箇所は少ない。

関連項目[編集]



ご意見を共有しましょう