【ウソペディアへようこそ!】2018年06月21日-木曜日

皮肉とは?他サイトにはないユーモラスな説明はこちらから!
アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、http版を閲覧するか、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「カラーバー」「手抜きザウルス」「ちんこ」「富士財閥」「管狸者
気になる事があったら案内所へお願いします!
当サイトをご利用の際にはプライバシー・ポリシーを必ずお読みください。
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


既視感

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
移動先: 案内検索

既視感

既視感(きしかん)とは、一度も体験していない物事にも関わらず、すでに体験したかのような感覚に陥ることである。フランス語では「déjà-vu」と言い、そのことからデジャブとも呼ばれる。

概要[編集]

一般的な既視感は、その体験を知っているような感覚があり、また、「いつ、どこで起きたのか」が思い出せないことが多い。過去の体験は夢に近いものではないか考えられているが、多くの場合、既視感は過去に実際に体験したような感覚があり、夢や単なる物忘れとは異なる感覚を持つ。

今までにジークムント・フロイト[1]エミール・ブワラック[2]らによって研究されてきた。

感じやすい人[編集]

今までの研究の結果、既視感は15~25歳時において最も多いとされている[3]。また、感受性が豊かな人のほうがなりやすいともされる。しかし、一般的には様々な経験を経ることで外部からの刺激を感じにくくなるという。

また、既視感にはストレスが密接に関わっているという。

正体[編集]

20世紀末から、既視感は心理学の研究の対象とされるようになったが、実験の仕方は2018年現在確立されていない。心理学的には既視感は「強い印象を与える記憶異常」ではないかと考えられている。

既視感の原因は脳疾患ではないかとも言われることもあるが、実際にはよく分からない。

脚注[編集]

  1. 「デジャヴというのは既に見た夢なのだ」とした(「日常生活の精神病理学」、1901年)
  2. 「déjà vu」という語を提唱した。
  3. 一般大学生の72%が経験しているという調査結果もある。

関連項目[編集]

既視感

既視感(きしかん)とは、一度も体験していない物事にも関わらず、すでに体験したかのような感覚に陥ることである。フランス語では「déjà-vu」と言い、そのことからデジャブとも呼ばれる。

概要[編集]

一般的な既視感は、その体験を知っているような感覚があり、また、「いつ、どこで起きたのか」が思い出せないことが多い。過去の体験は夢に近いものではないか考えられているが、多くの場合、既視感は過去に実際に体験したような感覚があり、夢や単なる物忘れとは異なる感覚を持つ。

今までにジークムント・フロイト[1]エミール・ブワラック[2]らによって研究されてきた。

感じやすい人[編集]

今までの研究の結果、既視感は15~25歳時において最も多いとされている[3]。また、感受性が豊かな人のほうがなりやすいともされる。しかし、一般的には様々な経験を経ることで外部からの刺激を感じにくくなるという。

また、既視感にはストレスが密接に関わっているという。

正体[編集]

20世紀末から、既視感は心理学の研究の対象とされるようになったが、実験の仕方は2018年現在確立されていない。心理学的には既視感は「強い印象を与える記憶異常」ではないかと考えられている。

既視感の原因は脳疾患ではないかとも言われることもあるが、実際にはよく分からない。

脚注[編集]

  1. 「デジャヴというのは既に見た夢なのだ」とした(「日常生活の精神病理学」、1901年)
  2. 「déjà vu」という語を提唱した。
  3. 一般大学生の72%が経験しているという調査結果もある。

関連項目[編集]

既視感

既視感(きしかん)とは、一度も体験していない物事にも関わらず、すでに体験したかのような感覚に陥ることである。フランス語では「déjà-vu」と言い、そのことからデジャブとも呼ばれる。

概要[編集]

一般的な既視感は、その体験を知っているような感覚があり、また、「いつ、どこで起きたのか」が思い出せないことが多い。過去の体験は夢に近いものではないか考えられているが、多くの場合、既視感は過去に実際に体験したような感覚があり、夢や単なる物忘れとは異なる感覚を持つ。

今までにジークムント・フロイト[1]エミール・ブワラック[2]らによって研究されてきた。

感じやすい人[編集]

今までの研究の結果、既視感は15~25歳時において最も多いとされている[3]。また、感受性が豊かな人のほうがなりやすいともされる。しかし、一般的には様々な経験を経ることで外部からの刺激を感じにくくなるという。

また、既視感にはストレスが密接に関わっているという。

正体[編集]

20世紀末から、既視感は心理学の研究の対象とされるようになったが、実験の仕方は2018年現在確立されていない。心理学的には既視感は「強い印象を与える記憶異常」ではないかと考えられている。

既視感の原因は脳疾患ではないかとも言われることもあるが、実際にはよく分からない。

脚注[編集]

  1. 「デジャヴというのは既に見た夢なのだ」とした(「日常生活の精神病理学」、1901年)
  2. 「déjà vu」という語を提唱した。
  3. 一般大学生の72%が経験しているという調査結果もある。

関連項目[編集]

既視感

既視感(きしかん)とは、一度も体験していない物事にも関わらず、すでに体験したかのような感覚に陥ることである。フランス語では「déjà-vu」と言い、そのことからデジャブとも呼ばれる。

概要[編集]

一般的な既視感は、その体験を知っているような感覚があり、また、「いつ、どこで起きたのか」が思い出せないことが多い。過去の体験は夢に近いものではないか考えられているが、多くの場合、既視感は過去に実際に体験したような感覚があり、夢や単なる物忘れとは異なる感覚を持つ。

今までにジークムント・フロイト[1]エミール・ブワラック[2]らによって研究されてきた。

感じやすい人[編集]

今までの研究の結果、既視感は15~25歳時において最も多いとされている[3]。また、感受性が豊かな人のほうがなりやすいともされる。しかし、一般的には様々な経験を経ることで外部からの刺激を感じにくくなるという。

また、既視感にはストレスが密接に関わっているという。

正体[編集]

20世紀末から、既視感は心理学の研究の対象とされるようになったが、実験の仕方は2018年現在確立されていない。心理学的には既視感は「強い印象を与える記憶異常」ではないかと考えられている。

既視感の原因は脳疾患ではないかとも言われることもあるが、実際にはよく分からない。

脚注[編集]

  1. 「デジャヴというのは既に見た夢なのだ」とした(「日常生活の精神病理学」、1901年)
  2. 「déjà vu」という語を提唱した。
  3. 一般大学生の72%が経験しているという調査結果もある。

関連項目[編集]

既視感

既視感(きしかん)とは、一度も体験していない物事にも関わらず、すでに体験したかのような感覚に陥ることである。フランス語では「déjà-vu」と言い、そのことからデジャブとも呼ばれる。

概要[編集]

一般的な既視感は、その体験を知っているような感覚があり、また、「いつ、どこで起きたのか」が思い出せないことが多い。過去の体験は夢に近いものではないか考えられているが、多くの場合、既視感は過去に実際に体験したような感覚があり、夢や単なる物忘れとは異なる感覚を持つ。

今までにジークムント・フロイト[1]エミール・ブワラック[2]らによって研究されてきた。

感じやすい人[編集]

今までの研究の結果、既視感は15~25歳時において最も多いとされている[3]。また、感受性が豊かな人のほうがなりやすいともされる。しかし、一般的には様々な経験を経ることで外部からの刺激を感じにくくなるという。

また、既視感にはストレスが密接に関わっているという。

正体[編集]

20世紀末から、既視感は心理学の研究の対象とされるようになったが、実験の仕方は2018年現在確立されていない。心理学的には既視感は「強い印象を与える記憶異常」ではないかと考えられている。

既視感の原因は脳疾患ではないかとも言われることもあるが、実際にはよく分からない。

脚注[編集]

  1. 「デジャヴというのは既に見た夢なのだ」とした(「日常生活の精神病理学」、1901年)
  2. 「déjà vu」という語を提唱した。
  3. 一般大学生の72%が経験しているという調査結果もある。

関連項目[編集]



ご意見を共有しましょう