【ウソペディアへようこそ!】2018年08月15日-水曜日

リンク元/ミューツーとは?他サイトにはないユーモラスな説明はこちらから!
アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。
  • Mirahezeに正式に移転しました。それに伴い、登録利用者でも、利用者ページ・利用者トークページ以外の全てのページで、編集は制限されております(伝言板も閉鎖しました)。本人確認以外の活動は、原則向こうで行ってください。
  • 新規アカウント作成、及びIP利用者による編集も全面的に停止しました。今後はMirahezeの新サイトをご活用ください。

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「アンサイクロペディア日本語版の歴史」「エクストリームスポーツ」「カラカラ鉄道」「下ネタ」「北海道社会主義共和国連邦
気になる事があったら案内所へお願いします!
当サイトをご利用の際にはプライバシー・ポリシーを必ずお読みください。
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


日本語

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
移動先: 案内検索

日本語(にほんご、:Japanese、仏:Japonais、独:Japanisch)とは、極めて曖昧模糊とした言語かもしれない。

概要のようなもの[編集]

日本語とは、日本人によって話される、マジで多義語が多く、曖昧性の高い言語らしい。「お察し下さい」が美徳の一つとされているみたいで、はっきりしたものの言い方をすると嫌われると思うよ。

歴史だろう[編集]

古代から、アレなので日本人は曖昧な多義語を使ってアレを避けようとしていたと思われる。例えば、「あはれ」「をかし」「いみじ」等は、中古日本語を代表する多義語であり、「いみじ」は今でいうjaucp:いいねのように両義的な語法を持っていたとのことである。

現代では、「スゲー」「マジ」「」「超」「メチャ」「可愛い」「いいね」などがこのような多義語として使われているという噂が流れているに違いない。

英語中国語に比べると語順がいい加減で、語順によって意味が変わることは殆どないのではないかと思われてなくもない。

非常に多義語が多く、文法構造も独特なので、外国人にとっては学びにくい言語だと考えられており、エニグマ[1]の解読ですらここまで大変ではなかったと思われているそうだが、それでもマンガアニメの理解に必須の言語なので、少しずつ学習者が増えてきている模様であるのだとか。

悪徳政治家などは、この曖昧性を逆手にとって、法の網をくぐろうとしていると聞く。

多分脚注[編集]

  1. 第二次世界大戦中のナチス・ドイツの暗号なんだってさ。

関連していそうな項目[編集]



ご意見を共有しましょう