【ウソペディアへようこそ!】2018年06月26日-火曜日

利用者調査者信任・選出選挙/2018年度/投票所とは?他サイトにはないユーモラスな説明はこちらから!
アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、http版を閲覧するか、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「ウソッター記事投下嗜癖」「妖怪ウォッチ」「しまじろう自警団」「野比のび太」「有益サイト
気になる事があったら案内所へお願いします!
当サイトをご利用の際にはプライバシー・ポリシーを必ずお読みください。
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


東武鉄道

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
移動先: 案内検索

東武鉄道(とうぶてつどう、通称: 東武)とは、関東で最大の路線網を持っているにも関わらず車両がぼろっちい大手私鉄である。規模的には東急と並ぶ関東私鉄の雄なのであるが売上では東急と大差をつけられている。

概要[編集]

主に東京の北東部から北関東にかけて広大な路線を持っている大手私鉄なのだが、車両が非常にボロく、最近の車両ですらLCDなしだったり果ては直通運転先で故障を起こすなど、その車両のボロさには定評がある。なお、このボロさは初代社長であるボロ嘉一郎氏によるコストカット理念が現代の東武鉄道においても実践されているからだという。

また、国鉄を模倣した良好な労使関係や国鉄型配線の駅が多いなどの設備面において国鉄に酷似しているため、ミニ国鉄とも呼ばれている。

路線[編集]

東武本線系統[編集]

伊勢崎線
浅草から蛇のように蛇行して北千住を通り、久喜などを通ってグンマーの伊勢崎へ行く主要幹線。近年、東武動物公園より南側は日光線との分別がつかなくなり始めており、スカイツリー開業以降遂にスカイツリーラインなる独立路線と化してしまった。
日光線
東武動物公園へのアクセスと日光への観光を両立すべく建設された路線。同社の路線としては珍しく全線複線である。最近は、鬼怒川・会津への進出も激しい。
亀戸線
本当は亀戸から先越中島さらに新橋方面への延伸をすべく伊勢崎線の一部として敷設されたものも、国鉄によって亀戸以遠への延伸を阻止されてしまい都会のローカル線となってしまった悲劇の路線。
もともと幹線級の路線だったため、その実態に反して全然複線となっている。
大師線
東武本線と東上線を連絡する西板線を作ろうとした際、取り敢えず京急の大師線に対抗して西新井大師まで伸ばしときゃ金集まるだろと適当なところで放置した結果、宅地化の進行により計画が頓挫してしまい、結局一駅支線のまま放置されてしまった。
その放置っぷりは現在も健在であり、適当に8000系が二駅間を行き来しているだけである。
小泉線
太田から小泉と館林から小泉へ至る二つのコースからなる特殊路線。途中ブラジルの租借地を通る場合があるため、車内検札や接続駅で中間改札経由で乗り換えをする際にパスポートの提示が必要な場合がある。
なお、本当は西小泉から先熊谷線の妻沼まで繋げようとしていたが、高崎線に客が逃げることを危惧した守銭奴な東武の幹部がわざと建設せず、中途半端な状態となった。
佐野線
佐野へ行く路線であるはずが、最悪葛生なるど田舎に連れてかれてしまう。佐野までの通勤需要で何とか持ち堪えている路線であるが、それでも赤字ローカル線であるためか関東有数の列車墓場となっており、8000系などのボロが多数集積されている。
桐生線
太田から赤城へ向かう伊勢崎線の支線…のはずが実質的には伊勢崎線の本線となってしまってる路線。なせ伊勢崎線と路線名を交換しないのかは東武の中の人のみぞ知る。
宇都宮線
本家宇都宮線
元々は宇都宮線といえばこの路線たったが、しR東北本線の一部区間に同じ名前を付けてしまったため、結果現在では東武の宇都宮線と言わないと通用しなくなってしまった。
鬼怒川線
鬼怒川への観光路線だが、近年は会津方面への進出も激しい。
野田線
大宮と柏・船橋を結ぶ路線。かつては醤油の運搬を行なっていたため、キッコーマン線などとも呼ばれたが現在では死語である。
なお、2014年からは醤油を運ぶだけの田舎路線というイメージを払拭し東京都市圏のニュータウンを結ぶ通勤路線というイメージを定着させるべくキッコーマン線の愛称を正式に廃し新たにアーバンパークラインなる呼称が与えられたが、スカイツリーラインのようにはあまり定着せず、ナンバリングも変更されなったために現在も野田線と呼ばれることが多いのが現状。
また、最近は本線の中でも独立色の強い路線になってきており、社内で独立運動が起こってるのではないかとの憶測まで飛び交っている。

東上線系統[編集]

東上本線
池袋から川越・小川町を結ぶメインルートで東武の西の幹線。元々東上鉄道という別の会社だったため、上記の路線群とは路線が繋がっておらず、半分独立状態である。
ただ、近年は東上業務部が廃止されて本社直轄になるなど、同化政策が以前に比べて激しくなってきたため、旧東上鉄道残滓の東上鉄道労働組合などは「東武本社は同化政策をヤメロ!」と猛抗議しているらしく、独立運動が盛んになってきているらしい。
しかし、東武有数のドル箱であることを考えると今後も東武が手を離すとは考え難く、当面東武の支配下に置かれるものと見られる。
なお、正式には池袋から寄居までの路線であるが、現在は小川町で強制乗り換えのダイヤとなっているため、実質的には別路線となっている。
かつては、寄居から秩父鉄道に直通していたが、秩父鉄道がピストル堤の息子が経営する西武鉄道西武秩父線側に寝返ったため、東武幹部が激怒し、結果直通はポイした。
越生線
坂戸と越生を結ぶ支線。影が非常に薄く、地元民と鉄ヲタ以外に知る人は少ない。
なお、初見で読めない路線としても知られ、こえいきせんやえつおせんなどの誤読が多いが、なぜ越生をおごせと読むのかは神のみぞ知る。

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。

関連項目[編集]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「東武鉄道」の項目を執筆しています。
Uncyclopedia logo.png
アンサイクロペディアでユーモア研究生の暇人達が、「東武鉄道」の項目を執筆しています。
 

この項目『東武鉄道』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ



ご意見を共有しましょう