【ウソペディアへようこそ!】2018年07月19日-木曜日

悪魔とは?他サイトにはないユーモラスな説明はこちらから!
アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「しなもん」「ウソストレス」「ソックパペット」「削除された悪ふざけと無いセンス」「北海道旅客鉄道
気になる事があったら案内所へお願いします!
当サイトをご利用の際にはプライバシー・ポリシーを必ずお読みください。
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


節分

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
移動先: 案内検索
お知らせ:本記事は「CC BY-SA 4.0 」が適用されます。デフォルトの「CC-BY-NC」ではありませんのでご注意ください。
なお、画像や音声等のファイル、外部読み込みコンテンツなどの「読み込み物」は、このタグからは対象外です。

節分(せつぶん)とは、対人相手に傷害行為を合法的に行える催事である。

概要[編集]

節分の由来は、「節度の分をなくす」という意味である。日本は長らく封建社会であったため、身分階級によって上流階級と下流階級に分かれていた。上流階級に属する人達は、その他の下流階級に属する者共を虐げてきたが、稀に一揆を起こそうとする不逞な輩があり、ほとほと困っていた。そこで、上流階級のものは、その一揆を起こそうとするものどもの憂さ晴らしを目的として、次のようなおふれを出した。

そちら、今日は無礼講である。節度の分をなくし、この豆を余が扮する御人(おんひと)に投げることを許そうぞ。

このおふれは、たいそう好評であった。その日は、多数の下流階級のものも、数名の上流階級のものも、一緒くたに広場に集まった。特に豆を受ける上流階級のものは、異国人をかたどった御人の面をつけて行われた。この面を被った理由は、真っ向から痛みと立ち向かう気がなかったからである。しかし、日頃の鬱憤を晴らすべく力いっぱい投げつけられたので、それでも痛かった。そのため、最初のうちは年に四回も行われたが徐々に回数を減らし、遂には年一回、2月3日に行う年中行事となった。

御人と鬼、豆と魔滅[編集]

もともと、この行事は「普段おそれ多くてできないことを、節度の分を取り払って行うことで、封建社会を盤石なものにする」という行事であった。しかし、権力者を好まない一部のならず者がその儀式を曲解して、「御人の読みを御人(おんにん)とし、(おに)と呼び」、「を魔滅(まめつ)と当てて」、「という悪者を追い出す行事」として吹聴した。そうして、そちらのほうが後世に伝わり、一部の専門家気取りたちはそちらが真実だと思い込んでしまっている。真実を見抜く能力をもう少し高めてはどうだろうか。

現代[編集]

こうして、現代では偉ぶっている嫌なやつに「鬼」役を演じさせ、全力で日頃の鬱憤を晴らす、といった楽しいイベントとして引き継がれた。なお、本来ならば、第三者に対して有器物を投げつける行為は明らかな「暴力行為」であり、逮捕され得る事案であることは知っておいたほうが良いだろう。だからこそ、節分は楽しいのである。

  • お父さんが節分で鬼役をするのは一番嫌われ者だからである偉いからである。
  • 大学のサークルで部長をこぞって鬼役にしたがるのは、一番やりマンだからである偉いからである。
  • ビジュアル系バンドでボーカルをこぞって鬼役にしたがるのは、一番やりマンだからである偉いからである。
  • 会社で部長をこぞって鬼役にしたがるのは、一番嫌われ者だからである偉いからである。

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。

関連事項[編集]

 

この項目『節分』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「節分」の項目を執筆しています。
Uncyclopedia logo.png
アンサイクロペディアでユーモア研究生の暇人達が、「節分」の項目を執筆しています。
NoYourpedia.png
荒らしまくられて気がおかしくなってしまったユーモア欠落症患者のユアペディアン達は「節分」の執筆をサボっています。このような快挙を手際よく成し遂げたことは我らの誇りです。


ご意見を共有しましょう