【ウソペディアへようこそ!】2018年04月27日-金曜日

アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、http版を閲覧するか、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。
  • 第二回藍色執筆コンテストが4/27から開催されます。登録すれば、執筆者としてエントリーできますので、この機会に新規利用者登録することをオススメします!

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「改行できる奴」「ビッグバン」「のび太中央放送」「ヌマクローレコード」「山手線
気になる事があったら案内所へお願いします!
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


舛添要一

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
移動先: 案内検索
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

舛添要一(ますぞえよういち、1948.11.28~)とは、政治資金の私的流用疑惑の持たれている帰化系在日朝鮮人であり、前東京都知事である。

来歴[編集]

舛添要一.jpg

1948年11月29日(69歳)、福岡県八幡市で生まれる。父は戦国時代に日本に密入国したMass Zoe系であり、その縁で韓国南部から渡来した母と結婚したという、典型的な反日朝鮮人家庭に育てられた。要一が幼い頃に父が頭がパーンして以降、母子家庭となり生活は困窮していた。その原因は日本にあると逆恨みした母により、要一は心の隅に日本に対する怒りの火種を宿すようになったと言われている。

要一は貧困から抜け出し、父への復讐を誓って猛勉強し、1967年に某日本一頭の良い大学に入学を果たす。そして1971年に卒業し、大学政治学科助手を勤めた。

その後、反日活動の拡大に尽力し、ジュネーブ国際研究大学の研究員に就任。その後大学准教の地位を獲得した。舛添要一の人生は、半日活動を正当化しうる権力を得るためだったと見られている。その後、「朝まで生テレビ」などの討論番組に出演しては視聴者をだまくらかし、テレビ界の汚染に拍車をかけた。1992年、若年層の取り込みを目論見、テレビゲームを開発。この付録に載っていた内容に対して、2015年度~2016年度に改めて非難の声が上がっている。[1]

若者の取り込みなどで上り調子であった舛添要一は、1999年に東京都知事選に立候補した。しかし、石原氏の持つカリスマ性には遠く及ばず、また半日の色が濃かったため惨敗した。

そこでの惨敗を反省し、まずは参議院議員になろうと考えを改め参議院選挙に出馬し、2001年に当選。この頃より、政治資金私的流用を開始したとみられる。2005年には防衛委員長に就任。2006年からは、安倍首相を与し易いと判断したのか、根にある半日政策に乗り出していく。

2007年、厚生労働大臣に就任、2010年には新党改革の代表へ就任し、2013年にこれを辞任。そして満を持して日本の首都に半日の旗揚げを果たし現在に至る。

関連項目[編集]

  1. 1992年に発売されたゲームの付録に舛添要一の語録が乗っていたが、これに関しては舛添要一の替え玉が執筆したと見られている。その最たる理由は、当時書かれている内容と、現在の自分が行った行為が全くもって出鱈目と言っていいほどに正反対だからである。
東京都知事

関連ニュース[編集]

舛添要一.jpg
舛添要一』は舛添要一氏関連のニュースや記事です。このページを編集しても構いませんが、誹謗中傷のみを記述してはなりません。他記事はこちら→ Category:舛添要一


ご意見を共有しましょう