【Menu】アカウント作成 - ログイン - Usotter.png ウソッター

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「アナログマ」「ヌマクロークソコラグランプリ」「平成の大合併」「関ケ原の戦いVer.2」「馬鹿
緊急の連絡はTwitter「@usopedia_kouhou」まで! それ以外は案内所へお願いします!
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


(重要なお知らせ)

  • 恣意的理由による他人コメントの削除やアシスタント権限を剥奪する行為があったため、創立者であるWiiU氏のSysop・BC権限、コメント権限を一定期間外すことにしました。Sysop・BC権限は22日前後に戻し、コメント権限の再付与は一般利用者による議論によって付与します。なお、利用者のブロックとページ削除は創立者権限でも行えます。
  • 上の事情による上位権限での対処が遅くなることに加え、荒らし接近に伴って暴走注意報が(勝手に)発令されたためIPユーザーの編集を一旦ストップします。予めご了承ください。

言論統制

提供: ウソペディア
移動先: 案内検索
削除されるべきページ

この記事は治安維持法に基づき、検閲担当官により削除されます。このままならもちろん削除されますし、剥がしても再びこのテンプレートが貼付けられて削除されるでしょう。

  • 検閲担当官及び助役検閲担当官は削除する際に、削除が適当かどうかの判断なんか必要ないので、構わず即刻削除してください。
  • 民衆が無為にこのテンプレートを外すことは推奨されていないどころが禁止です(詳細はお察しください)。
※それでも民衆がこのテンプレートを外す場合、一度深呼吸をして、心が落ち着き、いかなる処罰を受けても文句を言わないかをしっかり考えてから行って下さい。

(_)
(__)

(_)
(__)
この記事は  です。

       この記事を、作者は  として、むしろ   思いながら執筆しています。
この記事は に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
ウィキソースに治安維持法についての神聖な原文があります。

言論の統制(げんろんのとうせい)とは、{{{1}}}等の記述や報道を、治安の維持を目的として検閲により削除に削除し、市民から政府や国に対する反乱が起きないよう、民衆の自由を{{{1}}}する物である。

目的・概要[編集]

日本では、治安維持法を基にして検閲が行われた。

治安維持法[編集]

国体(皇室)や私有財産制を否定する運動を{{{1}}}を目的として制定された日本の法律。当初は、1925年に大正14年4月22日法律第46号として制定され、1941年に全部改正された。 とくに治安維持法に基づく検閲により削除したものといわれているが、やがて宗教団体や、右翼活動、自由主義等、政府批判はすべて{{{1}}}の対象となっていった。

[編集]

国外[編集]

この節は、執筆者が、緊急検閲により削除途中で放棄したか、または途中で てしまったので、現在    です。あなたによる でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。

国内[編集]

日本軍[編集]

ウソペディア[編集]

ウソペディアにおける検閲を参照

ウィキペディア[編集]

ウィキペディアにおける検閲を参照

ウソペディアにおける検閲[編集]

ウソペディア:検閲の方針及びウソペディア:検閲により削除された記事への対応も参照
ウソペディアでは、日々担当官及び助役担当官が巡回しており、いかなる荒らしや悪戯投稿も全て削除される。もちろん、それは管理活動であり言論統制をしているとは猿でも思わないだろう。なぜならどんな記事も受け入れている、寛容な八百科事典だからである。

ウィキペディアにおける検閲[編集]

実際に、ウィキペディアにはプロジェクト:検閲に反対するウィキペディアンなる物も立ち上げられているが、2013年以降活動が無い!!これは、ウィキメディア財団ネット好きな創設者が共謀して当該プロジェクトの運営を再起不能にするまで徹底的に消したからである。

徹底的に行われた統制[編集]

ある利用者が自分の利用者ページで行ったウィキペディアに対する批判を、ウィキメディア財団は次の様に検閲し、書き換えた。

ウィキペディアにおける言論統制は酷すぎるので折り畳みました。
ボランティアによって書かれたフリーコンテントプロジェクトである[不要出典]ウィキペディアは、その規模と知名度の増大[不要出典]に伴い、多くの{{{1}}}もなされてきた[要出典]。よく言われるものには、その開放性のために事実無根につき削除ことを指摘するもの[要出典]プロジェクトの名誉を毀損するものとして削除があるというもの[要出典]                 というものなどがある[要出典]。また具体的なものでは、明らかな、あるいはわかりづらい     の存在[要出典]  な執筆者による     [要出典]、議論のある話題についての財団による緊急検閲により削除による執筆[要出典]検閲により削除などの、執筆者間の       などに対する批判がある[要出典]

ウィキペディアのコンテントに対する個々の際立った議論は、広くメディアの非好意的な注目を事実無根につき削除[要出典]。批判者たち[どこの誰?]は、ジョン・シーゲンソーラー ウィキペディア経歴論争Essjay騒動などの事件を例に、ウィキペディアの文献としての信頼性・有用性に出典が無いため削除[要出典]。また、ウィキペディアはパロディーやユーモラスな批判の対象ともなっている[要出典]
       


ウィキという形態
ウィキペディアは、“誰にでも編集できる”というその性質、即ちウィキであるために、賞賛され[不要出典]、また出典が無いため削除もされた[要出典]司書学者、他の百科事典の編纂者などの中には、資料としての有用性が非常に  との批判もあった[要出典]。 多くの大学講師たち[誰?]は、学術的な論文の中ではどんな百科事典も引用してはならず、一次情報源を使うよう勧めている[要出典]。ある大学[どこ?]のプログラムといくつかの学校においては、名指しでウィキペディアの引用が検閲により削除されたこともあった[要出典]。また、検索エンジンの最上位に常に上がる[不要出典]故、  プロジェクトの名誉を毀損するものとして削除する例[要出典]、いわゆるステルスマーケティングに利用する業者[誰?]    [要出典]。 ウィキペディアの方針によれば、記事中の主張は、信頼できる出版された情報源によって支持されるべきであり、さらに理想的には査読されたものであるべきであるとしている[不要出典]。 現在ウィキペディアの事実上の指導者であるジミー・ウェールズ[不要出典]は、どんな百科事典も元来一次情報源としては不適切[不要出典]で、権威として信頼されるべきものではない[不要出典]と強調している。 ウェールズが2001年にウィキペディアを立ち上げた際に共同運営者だったラリー・サンガーは、翌年、プロジェクトから手を引いた。のち2007年に「Citizendium」を興したが、これはウィキペディアに“専門的知識を能動的に  する[要出典]       」の哲学がある[要出典]”ためだとしている[要出典]。 また、とある財団職員は                              と話す。それは財団の名誉毀損として削除があったり、                                                              。 ニコラス・G・カーは、ウィキペディアのような、ボランティアによるWeb 2.0的プロジェクトを、「経済的に不利な立場におかれるプロジェクトの名誉を毀損するものとして削除し、最終的に名誉毀損として削除」と批判している[要出典]
(中略)
           の問題


運営や方針
ウィキペディアの削除方針は、                  と言われ、中には「        」と考える人もいる[要出典]。また、ウィキメディア財団の記事の削除や復元制度そのものに検閲により削除検閲により削除ウィキメディア財団に対する攻撃として削除等と反発する者もいる[要出典]
(中略)
数々の完全なる事実無根につき削除


特権保持者の緊急検閲により削除
                                                  

  1.               
  2.                       、「               
  3.                                                             

                            
チェックユーザー権限の  

この節はウィキメディア財団検閲部が行った検閲により、「完全に事実無根且つウィキメディア財団と運営するプロジェクトの名誉を毀損するもの」として削除されました。この削除処置が不服である場合でも、復元は受け付けませんので、ご注意ください。 なお、この節を書いた人物は利用規約違反として追放されました。

ジミー・ウェールズの出典が無いため削除

この節はウィキメディア財団検閲部が行った検閲により、「完全に事実無根且つウィキメディア財団と運営するプロジェクトの名誉を毀損するもの」として削除されました。この削除処置が不服である場合でも、復元は受け付けませんので、ご注意ください。 なお、この節を書いた人物は利用規約違反として追放されました。
詳細は表示非表示が可能です。

どうだ。批判しているところはすべて隠し、気に入らない所は{{要出典}}で片付け、逆に都合よい所は{{不要出典}}で保護している。これは、ウィキメディア財団の腹黒さがわかる、貴重な資料である。


この項目「言論統制」は、        によって先編集権がガチでつよく主張されています。なので初版投稿者のお許しもなく「無許可でのリバートや記事の置き換え・白紙化」等を行ったり、テンプレートを剥がした場合は荒らしとみなされ、警察官たちにブロックされるかもしれませんので、ご注意ください。どうしても    に記事を投下したい場合は言論統制 (2)という様な感じでフォークを立てて、あとは  に頑張って下さい。


ご意見を共有しましょう