【ウソペディアへようこそ!】2018年04月27日-金曜日

アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、http版を閲覧するか、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。
  • 第二回藍色執筆コンテストが4/27から開催されます。登録すれば、執筆者としてエントリーできますので、この機会に新規利用者登録することをオススメします!

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「改行できる奴」「ビッグバン」「のび太中央放送」「ヌマクローレコード」「山手線
気になる事があったら案内所へお願いします!
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


財閥 (のび太国)

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
移動先: 案内検索

ここではのび太国の財閥について記述する。

概要[編集]

のび太国でも財閥は存在する。のび太国においては、未だに財閥の影響力が非常に強く、多くの人は財閥企業に就職するという。

現在30余りの財閥が存在しており、その中でも特に大規模な三大財閥として「剛田・骨川・岸田」が存在する。その次に規模の大きい「星野・源 ・木手・大原」を含んで七大財閥とする場合もある。

なお、天皇財閥同様、のび太国の皇帝である野比のび太氏が自身で多数の企業を行っており、その持株を全て国や自身が保有している事から野比皇帝家系の野比財閥がのび太国最大の財閥とする説も存在する。

なお骨川、剛田、骨川の三財閥はのび太国の財閥ではなくあくまでも日本国の財閥と主張している

歴史[編集]

のび太国において財閥という概念が誕生したのは、1983年に出木杉民主党が行った資本主義・自由主義の規制緩和であった。当時出木杉民主党は皇帝を廃止し大統領制とする完全民主化及び資本主義・自由主義への転換を政策として上げており、これは資本主義勢力への転換の第一段階として行われた。

1985年に社会帝国党が与党回帰すると、出木杉民主党政権下で成立した法律の殆どは廃止された。当初、社会帝国党は、ソ連式社会主義及び共産主義や主体思想への完全回帰を目指していた為、資本主義の影響を強く受けている財閥を廃止しようと財閥禁止法を成立させたが、各財閥の労組や資本主義・自由主義系政党による大規模な反乱が発生した為、結果として財閥禁止法は白紙に戻された。

また、これ以降、剛田武氏は友人の骨川スネ夫氏と協力した上で剛田商店の株式会社化を実行し、財閥構築を開始するなどする様になった為、財閥禁止法法案自体も完全廃止された。但し、2015年の剛田武首相時代までは財閥の財産は国が管理する形であり、一般な財閥と比較すれば共産主義的な財閥であった。

主な財閥[編集]

三大財閥[編集]

七大財閥[編集]

以下の剛田・骨川・岸田に加えて次に勢力のある星野・源・木手・大原を加えたもの。

十大財閥[編集]

以上のものに澤上・伊藤・白川を加えたもの。

関連項目[編集]

 

この項目『財閥 (のび太国)』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ



ご意見を共有しましょう