【ウソペディアへようこそ!】2018年08月15日-水曜日

リンク元/ミューツーとは?他サイトにはないユーモラスな説明はこちらから!
アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。
  • Mirahezeに正式に移転しました。それに伴い、登録利用者でも、利用者ページ・利用者トークページ以外の全てのページで、編集は制限されております(伝言板も閉鎖しました)。本人確認以外の活動は、原則向こうで行ってください。
  • 新規アカウント作成、及びIP利用者による編集も全面的に停止しました。今後はMirahezeの新サイトをご活用ください。

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「アンサイクロペディア日本語版の歴史」「エクストリームスポーツ」「カラカラ鉄道」「下ネタ」「北海道社会主義共和国連邦
気になる事があったら案内所へお願いします!
当サイトをご利用の際にはプライバシー・ポリシーを必ずお読みください。
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


鏡文字

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
移動先: 案内検索

鏡文字

鏡文字(かがみもじ)とは、左右反転させた文字のことである。

概要

鏡文字とは、間違って左右を反転させてしまった文字である。文字を習いたての子供や、天才などがしばしば用いることが知られている。有名な鏡文字の書き手には、レオナルド・ダ・ヴィンチがいることが知られている。

書き方

比較的簡便な書き方として、額に紙を当てて、その上に「普通に」文字を書く方法が挙げられる。この方法を用いると、紙を透かした時に正しい向きになるように文字を書くことになるので、実際には左右反転した、鏡文字が書かれることになるのである。

 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。

関連項目




ご意見を共有しましょう