【ウソペディアへようこそ!】2018年02月18日-日曜日

アカウント作成 - ログイン


コレもオススメです!見ませんか?!→ 「改行できる奴」「神成飛行場」「Twitter」「日本国(架空国)」「テレビ朝日
気になる事があったら案内所へお願いします!
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


荒らし接近に伴ってIPユーザーの編集がストップされています。予めご了承ください。

霜取り列車

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
移動先: 案内検索

霜取り列車(しもとりれっしゃ)とは、電化された鉄道のうち寒冷な地域で冬に行われる早朝のパフォーマンスである。

一般的な霜取り列車。普段は使われない車両だからこそ映える。

概要[編集]

日本における電化された路線では、おおむね電車は架線に流れる電気をパンタグラフを通して供給し自走する。ところが、とりわけ寒冷な地域ではになると架線に霜が付着し、寒さによって凍結してしまう。もしこれを放置すればパンタグラフで電気が供給されなくなったり、最悪パンタグラフが壊れて車両を修理に出さなければいけなくなってしまうのである。そこで、深夜列車が走らない時間帯に霜を払うために乗客を乗せずに電車を往来させることにした。これが霜取り列車であり、今日まで行われている架線凍結の対策である。

特徴[編集]

スパークを起こす営業車両。

霜取り列車では霜取りパンタと違い通電を行うため、霜に通電するときにスパークが発生する。発生する青白い光とするどい音は、たとえ慣れていようとも多少なりともは耳や目を響かせる光景である。これは霜が凍結し始める早朝に起きやすく、場合によっては霜取りを行わない始発列車でも同様の事態が起こっていることもある。

また、霜取り列車として走行する車両は、普段の旅客車両を用いずいわゆる業務用車両や電気機関車を走らせることが多い。これは普段の車両の保守点検を行う時間を確保することと、業務用車両や電気機関車は基本1両での走行を行うために使い勝手がよいことが理由とされている。普段では見られない車両が往来する姿は、たとえ鉄道ファンでなくとも心を躍らせることに間違いない。

パフォーマンスとして[編集]

だが、最近では営業車両でも霜取り機構を備わる車両が開発され、霜取り用の車両はあまり重宝されなくなりつつあった。そこで鉄道各社はこの霜取り列車を早朝のパフォーマンスとして使用することにした。普段では見られない車両とパンタグラフから飛び散る雷光は、冬にしか見られない光景として貴重な存在である。これを鉄道会社は冬の早朝のパフォーマンスとして走行させることにした。しかしながら、寒冷な地域はわざわざ早朝から鉄路に出向く人もいないため、客入りはいまいちである。

関連項目[編集]

Jawpno.png
この項目霜取り列車は、ウィキペディアには存在しませんので、どうぞ霜取り列車を執筆してあげてください。


ご意見を共有しましょう