【ウソペディアへようこそ!】2018年02月18日-日曜日

アカウント作成 - ログイン


コレもオススメです!見ませんか?!→ 「スッペラピッチョン」「Usoda2D/Help」「トレインサーフィン」「南北のび太国」「荒らし
気になる事があったら案内所へお願いします!
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


荒らし接近に伴ってIPユーザーの編集がストップされています。予めご了承ください。

IPv6

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
移動先: 案内検索

IPv6とは従来のIPv4資源が枯渇する恐れがあり、新たなIP資源の採掘に採掘を行って1995年に発見され、実用資源とされたIPアドレスの類似資源である。正式な名称はIPng資源という。

概要[編集]

IPv6は、近年世界中で発見され始めた従来のIPアドレスに類似した資源である。使用方法や役割がIPアドレスと同様であり、IP及びIPに近似した資源ののち6番目に発見された資源である為、IPv6と名付けられた。IPv6資源は、無雑作な文字列で構成されており、微量の:(コロン)が含まれている。埋蔵量は現在確認されている中では340,282,366,920,938,463,463,374,607,431,768,211,456トン(約300澗トン)と言われほぼ無限に割り当てることができ、今後の活用が注目されている。なお、従来のIPアドレスはこれによりIPv4と呼ばれるようになった。

しかし、現状あまり普及していない。なお、普及しない主な理由は従来のIPv4資源との互換性がないことである。

その他の類似資源[編集]

以下の資源も、従来のIPv4資源の後継類似資源として期待されたが、結局一般使用にならなかった悲運の資源である。

  • IPv5(ST資源)
  • IPv7(TP/IX資源)
  • IPv8(PIP資源)
  • IPv9(TUBA資源)
 

この項目『IPv6』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ



ご意見を共有しましょう