【ウソペディアへようこそ!】2018年06月21日-木曜日

リンク元/ウソニュース:【UNN】中華じみ共和国、46ば目の仮名文字の使用をき止とは?他サイトにはないユーモラスな説明はこちらから!
アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、http版を閲覧するか、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「民進党 (偽)」「ガールズ&パンツァー」「京葉線」「俺をブロックする管理者は全員同一人物病」「メインページ (第一期)
気になる事があったら案内所へお願いします!
当サイトをご利用の際にはプライバシー・ポリシーを必ずお読みください。
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


アルファ化米

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
2018年2月28日 (水) 17:48時点におけるVitalamine (トーク | 投稿記録)による版 (物理学者の方々、ごめんなさい。)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

アルファ化米(あるふぁかまい)とは生米にアルファ崩壊を起こさせたあと、乾燥することにより、長期の保存を可能にした保存食の一種である。

歴史

生米のアルファ化を最初に考案した人物はオランダ人の物理学者のカッツ博士と言われている。

カッツ博士は1930年頃に、X線回折法を用いて、デンプンを調べていたところ、デンプンには消化しやすいαデンプンと難消化性のβデンプンがあることを発見した。

カッツ博士は後に生デンプンを加水分解するとアルファ崩壊が起こり、α線とともにαデンプンが放出されるが、αデンプンは非常に不安定であるため、大量の放熱とともにβ崩壊を起こし、電子を放出してβデンプンに変化することを発見した。(下式参照)


①生デンプン→αデンプン+α線

②αデンプン→βデンプン+電子(+熱エネルギー)


カッツ博士はαデンプンを安定化させるために、さまざまな実験を繰り返していたところ、乾燥することで保存期間が大幅に延びることを発見した。これがアルファ化米の起源とされている。

特徴

アルファ化米は通常の米よりも、短時間かつ、少ない熱で炊くことができる。これは一つのアルファ化米が活性化し、αデンプンに変化すると、放出したα線により、他のアルファ化米のα崩壊が促進され、反応速度が指数関数的に増加した状態(臨界)になるからだと考えられている。

また、アルファ化米は通常のαデンプンと異なり、比較的安定な物質なので、半減期(米の風味が半減し古米になるまでの時間)が非常に長く、保存が利く。

このほか、放射線が美容や健康によい影響(ホルミシス効果)をもたらす[要出典]ため、健康食品としても宣伝されている。

これらの利点から、戦後は軍用のみならず、登山家や女性の一部の間で需要が高くなっている。

さらに、近年では、αデンプンが崩壊する際に生じる熱エネルギーを使ってタービンを回す発電方法が研究されており、バイオエタノールとしても注目されている。

また、一部の研究者[誰?]からは放射線の有害性を主張する声も囁かれているが、これに対して、2011年当時の官房長官であった枝野幸男氏は「直ちに影響はない」とコメントしている。

品種

  • セシウム137

東海テレビから「セシウムさん」というブランド名で発売されたものが有名である。セシウム137は炊飯後、β崩壊を起こし、γ線を放出して、栄養価のないバリウムに変化するため、炊飯後は早いうちに食べることが推奨されている。半減期は約30年である。

  • ウラン233

バイオエタノールとして利用されるほか、イエローケーキの材料としても用いられる。

  • テルル128

品種改良を重ねることによって生まれた。半減期が全てのアルファ化米の中で、最も長く、2秭2000垓年である。

関連項目



ご意見を共有しましょう