【ウソペディアへようこそ!】2018年05月26日-土曜日

クールトレイン777とは?他サイトにはないユーモラスな説明はこちらから!
アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、http版を閲覧するか、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「8:38」「あああああああああ!」「お察し下さい」「アリ」「スマートフォン
気になる事があったら案内所へお願いします!
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


ウソペディア:第二回藍色執筆コンテスト

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
2018年4月26日 (木) 22:47時点における開拓者 (トーク | 投稿記録)による版 (ルール: 加筆)
移動先: 案内検索
 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。


第2回 : 色執筆コンテスト
founded by 開拓者

これはウソペディア:執筆コンテストの一部です。

ショートカット:
USP:AI2

第二回藍色執筆コンテスト(だいにかいあいいろしっぴつこんてすと)、いよいよ開幕します。

今年のゴールデンウィークが、ウソペディアにとってのゴールドラッシュウィークになりますように。

テーマ

最近は記事増加数がライバルを上回るなど、放っておいても記事数が増加する状態になりつつあります。…少なくとも、標準名前空間では。

コンテストの開催目的の一つは執筆活動の促進ですから、その意味では、もっと執筆活動が盛んになるべきジャンルにテコ入れするのも一興でしょう。

ということで、今回は、標準名前空間に比べて手薄な、「ウソニュース・ウソブックス・ウソチューンズ名前空間:広大なる原野の開拓」をテーマにしたいと思います。…「開拓」と入っているのは主催者が開拓者だから、ではありません。偶然でしょう。多分。

ルール

縛り

  • ウソニュース・ウソブックス・ウソチューンズ名前空間縛り。
    • バイト数規制は、ウソニュース・ウソチューンズ:1000~10000バイト、ウソブックス:1500~20000バイト。
  • 部門はユーモア部門と有用性部門、掛け持ちエントリーの場合は両部門得点の平均点を採用。
  • エントリー可能数は、各部門3本、最大6本まで。

表彰対象

  • 表彰対象は、
    1. 総エントリー数が15を超え、各部門5以上のエントリーがある場合→部門別にトップ3
    2. 総エントリー数が5未満→全エントリーからトップ1
    3. 総エントリー数が5以上、かつ上記条件に当てはまらない→全エントリーからトップ3
とします。

配点、採点基準

  • 配点は、技術点30、部門点70とします。
  • 技術点は、
    1. 記事名として適切であること
    2. デフォルトソートが設定されていること
    3. 参照・引用文献、関連記事を無意味やたらに提示せず、適切に提示されていること
    4. カテゴリーを無闇矢鱈に設定せず、適切に設定されていること
    5. 画像を無闇矢鱈に貼り付けず、適切に設定されていること
    6. 適切な量の青リンク、赤リンクが設定されていること(ただし、リンク全体の量が適切である限りにおいて、赤リンクが多すぎることは減点対象としない)
を評価基準とします。
  • 部門点は、
    1. ユーモア部門点:甘め(USP:RED1で40点になる記事が、ユーモア得点率6割を得られる程度)
    2. 有用性部門点:審査員が初めて知るような情報が多ければ加点する方式。情報密度と純粋情報量に大別し(配分は1:1)、
      1. 情報密度点
        1. 初見情報件数/テクスト分量(キロバイト)=1→得点率50%
        2. 初見情報件数/テクスト分量(キロバイト)=3→得点率70%
        3. 初見情報件数/テクスト分量(キロバイト)=5以上→得点率100%
      2. 純粋情報量点
        1. 初見情報が3件→得点率40%
        2. 初見情報が5件→得点率60%
        3. 初見情報が7件→得点率80%
        4. 初見情報が10件以上→得点率100%
を目安とします。
 

この項目『ウソペディア:第二回藍色執筆コンテスト』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ

エントリー場

採点場

表彰台



ご意見を共有しましょう