【ウソペディアへようこそ!】2018年05月21日-月曜日

このページを引用とは?他サイトにはないユーモラスな説明はこちらから!
アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、http版を閲覧するか、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「156」「みんな」「ウソペディア (ゲーム)」「オランウータン」「キーボードクラッシャー
気になる事があったら案内所へお願いします!
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


ブタゴリラ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
2018年2月1日 (木) 21:12時点におけるWiiU (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「ブタゴリラ(漢字表記:豚大猩猩、本名:熊田 薫(くまだ かおる)、1964年 -)とは、唯一ジャイアンに対抗できる存在であ...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

ブタゴリラ(漢字表記:豚大猩猩、本名:熊田 薫(くまだ かおる)、1964年 -)とは、唯一ジャイアンに対抗できる存在であった人物でのび太国の民主化活動家である。



来歴

1964年に誕生。1978年に木手英一の勧めにより、のび太国国籍を取得、1982年より1年間同国に留学する。高校卒業後、1984年にのび太国に移住し国立月見台大学に入学、そこで剛田武と出会い、彼のジャイアニズムや彼もよるのび太国の実態に呆れ、共産主義じゃないかと苦言を呈する。以降剛田と対立し、大学卒業後の1988年に木手とともに木手民国党を結成したものも、これが以前から対立していた剛田を激怒させ、以降追われの身となる。南極事件では剛田の動きをいち早く察知し、南極に出向かったの上彼と戦闘した。

事件後日本で医療を受けのび太国に帰還したものも、公安による活動迫害は続き、2000年2人の子供と妻をのび太国に残しのび太国から逃亡した。

=関連項目



ご意見を共有しましょう