【ウソペディアへようこそ!】2018年02月21日-水曜日

アカウント作成 - ログイン


コレもオススメです!見ませんか?!→ 「うんこ」「馬鹿」「ティエルノ」「巡回済み」「NHK
気になる事があったら案内所へお願いします!
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


荒らし接近に伴ってIPユーザーの編集がストップされています。予めご了承ください。

ペーパーカンパニー

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
2018年2月5日 (月) 11:06時点における灌漑水路 (トーク | 投稿記録)による版 (本座。こういう類いの項目が少ないから赤だらけ)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

ペーパーカンパニーとは、で構成されている会社のことである。

概要

IT技術の発達により、世界はコンピューターやタブレットを用いてデータをいつでもどこでも発信することができるようになった。すると、会社としての行動とりわけ事務や営業などは在宅勤務ができるようになり、会社というまとまりで行動することは少なくなってきた。そこで、実は会社は紙で構成しても問題ないのではという発想が生まれるとともに、会社の基幹を紙で管理するようになったのである。

具体的には、資本金や予算はすべて通帳に集約株主は切り抜き人形本社のペーパークラフト化組合の存在も紙など、会社が管理しなければならないことをすべて紙のうえで実現した。このような方策を経て、会社としては操業しているのは確からしいが、実体が紙になってしまった企業をペーパーカンパニーと呼ぶようになったのである。

特色

ペーパーカンパニーの取り組みは中小企業や、大企業の子会社などに多くみられる。これは双方実体を作ることによるコストを削減させるため、また煩雑な管理の手間を削減させるために行っている。また、会社は基本所在地が必要になるが、紙という存在である以上何らかの住所を持つことは不可能である。そのため、中小企業であれば架空の住所を設定したり、大企業の子会社ならば紙にかかるコストを削減するためにパナマキューバリヒテンシュタインなど租税の低い国などに本籍を構えるケースが多い。これも、紙という実体のない会社であるからできることである。

利用法

ペーパーカンパニーは多角的な事業を行う企業よりは、何らかの作業に特化した企業であるケースが多い。例えば特定人物からの収益回収を行う企業であったり、様々な器具を多数の人々に販促を行う企業たりなどである。大企業の子会社である場合、大企業の資本管理を行う企業がペーパーカンパニーとして設立されることが多い。おおむねコストもかからず、籍をおく国家にとっては全く問題のない健全な企業として成長が可能である。

問題

しかし、2017年に発表されたパナマ文書などでペーパーカンパニーはしばし悪評を受けることが多い。決して籍を置く国家上では問題はないのにも関わらず、好印象がもたれにくい。また管理が楽であるという点を悪用し、さまざまな違法行為を行うペーパーカンパニーもあることから、国家からは目の敵にされるケースが多い。このようなこともあり、ペーパーカンパニーに移行しようとする企業はあまり多くなく、むしろペーパーカンパニーに実体を持たせようとする企業も多い。どうもペーパーカンパニーであると信用にかかわるそうだが、まともな商売をしていれば信用は後からついてくるはずであるから、信用を得られない企業は正しい商売ができていないだけである[要出典]。ペーパーカンパニーは立派な節税の方法である。

関連項目

アンサイクロペディア
アンサイクロペディアユーモア研究生共も「ペーパーカンパニー」については執筆する能力を持ち合わせていません。我らウソペディアンは彼らとは違うのです。


ご意見を共有しましょう