【ウソペディアへようこそ!】2018年05月27日-日曜日

東大と慶応のグループが、蛍を使った3Dディスプレイの基幹技術を開発とは?他サイトにはないユーモラスな説明はこちらから!
アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、http版を閲覧するか、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「Illogicopedia」「テレビ北海道」「ミジュマル」「メディア」「千日回峰行
気になる事があったら案内所へお願いします!
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


囲碁

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
2018年2月1日 (木) 16:11時点における邪魔ー (トーク | 投稿記録)による版 (立項だけしとく)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。
注意: このページは115日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。

この項目「囲碁」は、初版投稿者である邪魔ーによって先編集権がガチでつよく主張されています。なので初版投稿者のお許しもなく「無許可でのリバートや記事の置き換え・白紙化」等を行ったり、テンプレートを剥がした場合は荒らしとみなされ、独裁者達にブロックされるかもしれませんので、ご注意ください。どうしても自分勝手に記事を投下したい場合は囲碁 (2)のようにフォークを立てて、あとは適当に頑張って下さい。

囲碁(いご)とは、対戦型妖怪育成ボードゲーム。その歴史は古く、紀元前2000年にはその原型が生まれたとされる。

概要

囲碁の起源は中国であり、紀元前2000年頃までさかのぼるとされる。その当時は死者を弔い、また娯楽の少ないあの世で退屈しないように考案されたのが発祥とされる。

主なプレイ目的としては、縦横同数の線(これを路という)で区切られた盤面(碁盤)上に、黒色もしくは白色の石(碁石)を交互に打って妖怪を育成し、それにより優劣を決めるものである。

当初は育成ゲームとしての遊戯ではなく、あくまでも弔いの意味が主流であった。そのためゲーム盤として使われたのは墓石であり、碁石はその墓にある小石を用いたものであった。現代の囲碁においては盤面は19路が通常であるが、当時は5路もしくは7路が主流だった。その理由としては、自然物をそのまま使っていたことにより大きさが限定的であったこと、今ほど研究が進んでおらず盤面が狭くとも優劣がついたからである。

その後時代が進み、専用の道具を用いるようになったことや、遊技として洗練化されていく過程において、9路、13路、19路と盤面が広がっていった。それとは対照的に、妖怪の育成方法といった点は変化せず、強い妖怪を如何に相手より多く作るかといった研究が盛んに行われた。

日本には奈良時代に伝来したとされており、特に江戸時代にかけて市民へもこの育成ゲームは広まっていき、江戸時代後期から明治時代前期にかけて日本の大衆娯楽として定着していった。それと同時に多くの愛好家も生まれ研究されていき、後手番が先手番より不利であることも知られていった。その不利を払しょくすべく、日本で生まれたルールとして、後手番には予めコミ(妖狐の身の意)を与えることとなった。その日本で生まれたコミは全世界に広がり、多くの国で正式にルールとして採用されている。

囲碁の語源

囲碁とは、むという言葉から生まれた。このという字は将棋と語源は同じで、古くは農具を意味し、特に「四角い道具」を示していた。そこから、墓石や小石を用いた碁はの字を用いて碁となり、木を彫って駒や盤つくった将棋ではの字を用いて棋の字となった。

囲碁のルール

囲碁は碁盤の上に、黒石と白石を交互に打ち合い、盤面上に妖怪をつくってそれを成長させていき、最終的にどれだけ大きく成長させたかを互いに競う遊戯である。ここで作られる妖怪は百々目鬼(どどめき)・百目鬼(どうめき、百目とも書く)であり、成長の過程でを増やし、または大きくしていき、最終的にその目を数え優劣をつけるものである。

また、相手の妖怪の育成を妨害したり、戦わせて妖怪を小さくしたり、あまつさえ相手を吸収し、揚羽魔(てふてふの妖怪)を生み出すこともできる。

妖怪の種類

一つ目

別名目玉の親父ともいう。囲碁で生み出される妖怪の中でも、もっとも基本的なもの。一つ目を生み出すためには、同じ色の碁石で縦横に4つ囲むのが基本系である。また、碁盤の路の外周部を辺といい、また縦と横の辺が交差するかどを隅というが、この辺や隅につけても一つ目を生み出すことができる。このように、妖怪を効率よく生みだすには碁盤の外側の方が効率がよいと言われている。

二つ目

別名二眼ともいう。

コミ(狐身)

妖怪四つ目と妖怪半目が与えれた。時代が進むにつれ、四つ目ではなく五つ目となり、現在日本では六つ目の妖怪が与えられるよう改訂された。なお、では、日本のルールを猿まねしつつも、独自に七つ目を与えるよう変更している。ただし、日本でも七つ目を与えるべきとするプレイヤーもあり議論がある。なお、一緒に渡される妖怪半目に関しては、



ご意見を共有しましょう