【ウソペディアへようこそ!】2018年08月17日-金曜日

第二回藍色執筆コンテスト/表彰台とは?他サイトにはないユーモラスな説明はこちらから!
アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。
  • Mirahezeに正式に移転しました。それに伴い、登録利用者でも、利用者ページ・利用者トークページ以外の全てのページで、編集は制限されております(伝言板も閉鎖しました)。本人確認以外の活動は、原則向こうで行ってください。
  • 新規アカウント作成、及びIP利用者による編集も全面的に停止しました。今後はMirahezeの新サイトをご活用ください。

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「Usoda2D」「ゲロ」「ピーマン」「京都市営地下鉄東西線」「先編集権
気になる事があったら案内所へお願いします!
当サイトをご利用の際にはプライバシー・ポリシーを必ずお読みください。
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


泣く

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
2018年2月4日 (日) 17:33時点における開拓者 (トーク | 投稿記録)による版 (jawp執筆依頼。とりあえず立項(ENWPなどを基に、明日までにまとめなくては…)。)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

泣く(なく、:Crying)とは、人の最も基本的な感情表現の手段である。

概要

泣くことは、様々な場合に見られるが、言語以前の段階、出産直後の乳児が最初に行う感情表現であることから、笑い・ユーモアにすら先立つ、最も基本的な感情だと考えられている。

実際、人間は喜怒哀楽、いずれの場合においても、度が過ぎれば泣き出すことが知られている。しかしながら、多くの場合、人間は涙を幼稚な感情と見なすため、泣いている姿を観察することは時に困難であり、セックス同様、その秘匿性から、性欲を掻き立てられる人々も存在する[1]

色々

 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。
注意: このページは193日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。

脚注

  1. このような嗜癖を持つ人は、ダクライフィリアと呼ばれる。

関連項目



ご意見を共有しましょう