【ウソペディアへようこそ!】2018年06月20日-水曜日

ログ/灌漑水路とは?他サイトにはないユーモラスな説明はこちらから!
アカウント作成 - ログイン


  • 表示がおかしくなる場合は、http版を閲覧するか、Chrome,Firefox,Operaのいずれかを利用すれば直るかもしれません。文字化けなどの報告はこちらから。

コレもオススメです!見ませんか?!→ 「NRV多すぎ」「改行できる奴」「検閲により削除」「エモンガ」「長野総合車両センター
気になる事があったら案内所へお願いします!
当サイトをご利用の際にはプライバシー・ポリシーを必ずお読みください。
CC BY-NC 4.0(一部ページを除く)


秀逸多すぎ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
2018年3月13日 (火) 19:47時点における開拓者 (トーク | 投稿記録)による版 (国際ネタ。ENUCPの基礎も理解する必要があるかも。誤訳ネタも言葉遊びだよね。)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

秀逸多すぎ(しゅういつおおすぎ、:Too much FAs[1])とは、日本語版アンサイクロペディアウソペディアから英語版アンサイクロペディアのCategory:Featuredを見た時に起こりがちな勘違いである。

概要

ウソペディアには{{先秀逸}}が貼られた記事を別として秀逸な記事が現在存在せず、日本語版アンサイクロペディアでも秀逸な記事は100本も存在しない。ところが、英語版アンサイクロペディアには、秀逸な記事が2600本以上も存在する。記事本数は約3万本であるから、その割合は実に10%近い。

このことにより、日本から英語版アンサイクロペディアに渡航するユーザーからは、「秀逸な記事多すぎだろ!」とか、「記事品質高過ぎだろ」などと勘違いする現象が起こる。これが、秀逸多すぎと呼ばれる勘違いである。

真相

「秀逸な記事」は元々英語Featured Articleを和訳したものであるが、そもそもこの和訳が誤っているせいでこのような勘違いが発生する。Featured Articleとは、あくまでも英語版アンサイクロペディアのメインページで取り上げてもらえた記事のことである。正確には「特集された記事」とでもいった方が適切である。実際、英語版では、比較的気楽な投票によってあっさりFeaturedに認定される仕組みになっている[2]

しかしながら、日本ではどこかの専門家気取りが専門家ぶりたさ余って、衒学的かつ格式ばった「秀逸な記事」なる名称を用いてしまったのを、ユーモア研究生ウソペディアンも深く考えずに採用してしまったために、英語版のFeatured Articleと日本語版の秀逸な記事との間には選別水準の乖離が生じてしまったのである。

日本語版アンサイクロペディアではこれを補う対策として、特定ユーザーの独断で決められる新着記事制度[3]が導入されているが、ウソペディアでは今のところ根本的な解決策は示されていない[4]

脚注

  1. F**kASsのことではない。念のため。
  2. 但し、賛成票5が集まらず放置されているケースもある。その場合でも、ノミネートされたことは残ることとなっている。
  3. 但し、問題があれば差し戻されることもある。
  4. 仮に、[[Category:コンテスト入賞記事|]]をメインページに掲載することで代替されている、という解釈[誰の?]もあるらしい。

関連項目



ご意見を共有しましょう